変革と創造。地域No1を目指して

logotype.png

HOME > Office-Printing-Advice

ここでは、弊社PR誌「G-mail」にて掲載した「印刷豆知識【入稿編】」の補足記事を紹介します。
Office系ソフトで作成した書類をオフセット印刷したいというユーザ様に入稿時のアドバイス・注意点を紹介しています。WebSite内Technic項と重複する点もございます。

Microsoft Office系の書類を印刷したい!というお客様へ

特に注意をしていただきたい問題点を紹介します。
■ご覧になりたい項目をクリックしてください。

色に関するご注意


what-rgb.jpgRGBカラーwhat-cmyk.jpgCMYKカラーOffice系のソフトにはCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)という印刷インキで色分け・着色するという概念が無く、RGBという色空間のみに対応しています。これは「光の三原色」と呼ばれるものに近く、印刷インキでこれらの色を全て表現するのは不可能です。
右記図はWordの色選択時に「その他」を選ぶと現れるカラー選択チャートです。上がRGB(モニタではこのように表示されています)、下がCMYK(印刷インキで表現可能な色)となります。

ご覧のように、モニタでは鮮やかに見えていた色も、印刷をすると濁ってしまいます。
これから紹介するPDFの作成は最終のPDFデータもRGB色領域で生成されるため、Office系の書類と同様にモニタでは鮮やかに見えるPDFも印刷時には若干濁ってしまうことを予めご了承ください。

■色空間に関する詳しい内容は フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)




Office系のソフトで作成された書類をモノクロ印刷する際に注意が必要な点は、指定された「色」がブラック以外の場合、網点表現(グレー)になってしまう点があげられます。サンプルをご覧下さい。目立たせようと「赤色」を指定した文字はグレーに、また、黄色にいたってはほとんど見えない薄いグレーに変換されてしまいます。
ですので、最終仕上がりがモノクロ印刷をご希望されている場合には、大半の文字色はブラックで指定されるのが賢明かと思われます。

Sample-Color.jpgSample-Color-gray.jpg

Sample-Color-yellow.jpgSample-Color-yellow-gray.jpg

エクセルにおける罫線のご注意


細線(細い線)を使ったデータを貼り込んである場合に、その貼り込みデータを縮小すると、皆様がお手持ちのプリンタと印刷したものとでは線の表現が著しく変わる場合があります。
Office系アプリケーションでもPDFでも言えることですが、一般のOAプリンタでは、細すぎる線は、ある程度の太さに置き換えてプリント出力されます。印刷では、細線は細線としてシビアに製版されるため、例えば、0.01mmの線が使われたエクセル図表を50%縮小で張り込んだ場合、単純に0.005mmになります。
事故として起こりうるのは、お手持ちのプリンタでは、この0.005mmの線を限界線と判断し0.01mmに置き換えて出力していて、このプリンタ出力で確認後、いざ印刷を発注したら「プリンタで見ていたものより細く印刷されてしまった!」というケースです。
本ページ最終の「注意事項」でもありますが、細線の使用には注意が必要です。
基本的に、細線は使用しないで下さい。

また、罫線のデータで描かれたイラストを縮小し、飾り罫のようにワード書類の縁取りデザインに用いた際にユーザ様のプリンタでは出力されていたものが、弊社でオフセット印刷したさいに細すぎて見えなくなってしまったという事例があります。このような場合も先にあげた原理と同じです。
制作時にご注意いただくか、入稿時に営業に確認いただけれ幸いです。

書体の注意


office_clip_image002.gif弊社では、書体に関してはなるべく多種にわたりご用意できるよう心がけておりますが、流通している全ての種類をそろえるのは大変難しいため、ユーザ様がお使いになる書体と同じものがない場合があります。また、欧文書体につきましては、把握がさらに難しいのが現状です。
同じものがない場合、DTP専用ソフトとはことなり、「書類で使用している書体がありません」などのアラートは出ません。
そのため、弊社手持ちの書体と差し替えられてデータを展開してしまいます。
その点をご注意ください。

■改善方法のひとつとして
お客様のご使用のフォントが弊社に無い場合に体裁崩れが発生します。フォントの埋め込みを、お願いします。
ツール→オプションでメニューを開き

  • TrueTypeフォントを埋め込む
  • 使用されている文字だけを埋め込む(これをチェックしないとデータ容量が大きくなります)。
  • HG書体等、埋め込めない場合がございます。

また、過去の事例では、その書体がリリースされた時期によって同じ書体でも、文字の詰め組が変わってしまうケースがありました。OS環境の違い、Office系ソフトのバージョンの違いでも同じようなケースは起こります。校正時にご注意のうえ、ご確認ください。

セル・テキストボックスの注意


弊社において、印刷製版に必要となるデータはPDFとなります。
エクセルやパワーポイントなどでは、PDFに変換した際に「セル・テキストボックスに入力した文字が隠れてしまう」場合がございます。これは、Office系ソフトの側の問題で、この問題点を解消するのは容易ではないため、こちらから提出する校正紙を、しっかりとご確認ください。
もし、隠れてしまうようであれば、元データ(エクセル・パワーポイント)にもどってセルの幅・高さを広げる、文字を小さくするなどの加工をし、再度、PDFを生成する必要があります。
簡単なデータあれば弊社での修正も可能ですが、予めセル・ボックスのサイズを大きめに作っておく、文字サイズ・文字数を考慮に入れて作表するなど、ゆとりのあるレイアウトをお薦めします。

配置画像の注意


soft_clip_image001.gif書類内に配置する画像は、極力解像度の高いデータをお使い下さい。画面や、ユーザ様のお手持ちのプリンタでは綺麗に見える画像も、印刷時にはさらに細かく表現するため、思わぬところでジャギー(ピクセルの荒さによるガタガタ)が目立ったりします。
また、オフィス系のソフト上で画像を回転させたりすると、背景に予期せぬ画像が現れる、体裁が崩れるなどの問題も生じますので、極力回転処理を掛けないようご注意下さい。

■画像の解像度適正を簡易で確認する
挿入された写真を右クリックして、オブジェクトの書式設定を開きます。サイズのタブ内にある倍率をご確認いただき、25%が適正解像度になります。(おおよそ300dpiになります)40%以下でしたら印刷適正があるものと判断します。

■WEB上の画像について
WEB用に加工された画像の中に透過GIFという背景が透ける画像があります。書類上に配置しても背景が透明に見えるため一見便利ですが、PDFに変換した際、透明ではなく黒ベタ・白ベタの背景になってしまいます。

バージョン・OS環境による注意


■「Windows Vista」上でOffice2007を使用する場合

  • 旧Officeに互換性のある形式で保存をした場合Office2007での新しい機能は反映されません。
  • メイリオフォントを使用して入力された文字列のフォント・スタイルが斜体(イタリック)にならない場合があります。
  • 旧文字コード(JIS90)をご使用のデータはJIS2004に変更して出力されます。
  • お客様が作成された本来のデータと文字の形が変わる・表示されない場場合があります。
  • Excel2007のワードアートが表示画面より大きく印刷される場合場合があります。

※印刷結果にデータと差異が生じる場場合があります。あらかじめご了承ください。

■「Windows XP」上でOffice2007を使用する場合

  • 旧Officeに互換性のある形式で保存をした場合Office2007での新しい機能は反映されません。
  • Excel2007のワードアートが表示画面より大きく印刷される場合があります。
  • 新文字コード(JIS2004)をご使用のデータはJIS90に変更して出力されます。

※印刷結果にデータと差異が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。

その他の注意事項

RGBはCMYKでは再現が不可能なことを再度認識ください。


Word、Excel、PowerPointなどから作られたPDFはカラー設定がRGBになります。
印刷すると多少、画面と見た目の色が変わります(特に蛍光色)。予めご了承ください。
「いきなりPDF」でPDF変換した場合、パターンやグラデーションの変換に不具合が生じることがありますので、お気をつけください。

Word、Excel、PowerPointなどオフィスソフトでの塗りの透過性は使用しないでください。
PDF変換後、モニター上では確認できますが、刷版には出力されないケースがあります。


繰り返しになりますが…


Microsoft Officeはオフセット方式等のインクを使用した印刷向けには開発されておりません。したがって、印刷できるようにするため変換が必要になります。
Microsoft Office系のソフトのカラー設定は基本的にRGBで作成されるようにできており、印刷で使用するCMYKカラーの色域は、モニタ上(RGB)の色域より狭いため、データ変換時、インキで表現できる色の中で最も近いものに置き換えてしまいます。RGB特有の蛍光色のような色は場合によってかなりくすむこともありますので、あらかじめご了承下さい。

用紙サイズについて

ページ設定で大きさを指定しますが、A4を選んでもA4規格サイズにはならないものもあります。必ず「幅」「高さ」で規格サイズを入力してから作業に取りかかって下さい。

レイアウトについて

Office系ソフトのデータの場合、プリンタによって改行がずれたり、文字が消えたりします。
今の所、対処法がございませんので、必ず出力サンプルを送付して下さい。(見やすければFAXでも可)
また、塗り足しの設定ができませんので、背景に画像や塗りがある場合、拡大での対応となりますので、文字は5mm程度内側に配置して下さい。

  • 「余白無しで紙端いっぱいまでの印刷」の場合、仕上りラインから3ミリ程はみ出した「塗り足し」と呼ばれる部分が必要となります。Office系のデータは、その「塗り足し」を確保することができませんので、「塗り足し」をつくるにはデータ変換後にDTPソフトにて修正の必要があります。
  • ドキュメントサイズ一杯にデータを作成しても、紙端いっぱいまでの印刷にはなりません。

色指定について

Office系ソフトで色を指定する場合、自動ではなく、色を選択して指定して下さい。
また、影を付ける場合「影付きスタイル」や「透過性」「半透明」を指示する事は絶対にしないで下さい。CTP出力の場合、表現ができません。(インクジェットプリンターやカラーレーザーの場合、そのプリンターが出力可能な大きさに置き換えてしまいますので、印刷されてしまいます)
影や薄い色は、あくまでも薄い色を指定して下さい。

背面の塗りについて

Office系ソフトで背面に色を付ける場合、「オートシェイプ」の「四角形」や「楕円」などで色を指定し、「レイアウト」で背面に持っていって付けてください。
「書式」の「背景」では色を指定しないで下さい。印刷時に色が出てきません。


Office系のデータをオフセット印刷しようとした際、お客様がそのデータを作成された環境と、弊社のプリプレス(製版前の加工工程)の環境を100%同じにしない限り、本当に適切なデータはできません。OSのバージョン、アプリケーションソフトのバージョン、書体のバージョンなど数々の問題点が上げられるからです。
それら問題をひとつひとつクリアーし、なるべくお客様に適正な製品をお届けできるよう、サービスの向上を図っております。
PDF入稿は、環境によって左右されてしまうOffice系データを、「環境によって左右されないよう固定する手段」です。印刷事故の原因・要素を減らし、適正な製品実現の方法のひとつとしてご理解ください。
こちらのページでPDFの作成方法を紹介しています。是非、ご覧下さい。

■注意

Windows VistaモデルをXPにバージョンダウンしてお使いになっている環境で「〜」という文字を含む書類をPDFにした際、「〜」が「・」に置き換わってしまう事故がありました。このような環境下でPDFを作成された際には、十分文字校正を行うように心がけて下さい。


PDFでの入稿ならデータを固定できるので、環境に左右されません。また、ここであげる「Officeプリンタファイル」を作成する方法もデータを固定して入稿できる方法です。ご参考ください。

Step01

SCREEN MultiStudioドライバーをインストールしてください。
※ご利用のOfficeソフトに対応したバージョンをご確認の上ダウンロードしてください。(2003以降はVer6.02となりますが、弊社がこの方法で対応出来るのはVer5…Office2003までとなります。


Step02

入稿用データを開いてください。


Step03

メニューから[ファイル]→[印刷]を選択して、【印刷】画面を表示。
プリンタ名→「SCREEN MultiStudio ●.●●」を選択してください。

次に…〈プロパティ〉をクリックして【SCREEN MultiStudio●.●●のプロパティ】を表示。

  • 用紙サイズ/印刷するデータにあわせたサイズ・方向
  • 解像度を350~400dpiに設定する

最後に…【印刷】画面にもどり〈OK〉をクリック。


Step04

【プリンタファイルの保存】画面→ファイル名を入力し、保存先を選択してください。

次に…〈保存〉をクリック後、データの変換が始まります。

データ変換終了後、プレビュー画面が表示されます。
データの内容が印刷範囲にきちんと収まっているかを確認します。
※プレビューはきれいな画質で表示されません。印刷の仕上がりイメージとは異なります。

■プレビューで正しく表示されていない!
用紙のサイズや方向、印刷範囲などが適正でないということが考えられます。プレビュー表示に異常がある場合は、ドキュメントサイズと用紙設定をご確認の上、再度変換を行ってください。


Step05

プレビュー画面確認後、アプリケーションを終了してください。
指定した保存先に、拡張子「.prn.dsv」のついたOfficeプリンタファイルが出来上がります。
出来上がったOfficeプリンタファイルを入稿データとしてご入稿ください。

■入稿時に、元データも一応併せて入稿ください。
■入稿時に、弊社営業にMultiStudio用のデータであることをお申し付けください。

弊社では大日本スクリーン社製のリップを使用しています。併せて、同社のOffice系ソフトデータを適正のCMYK変換ができるシステムでのサービスを有料で行っております。その際、変換に対応したデータがここで紹介する、拡張子「.prn.dsv」のついたデータになります。独自の色変換システムでRGBからCMYK変換の際に発生する色の濁りを軽減出来るほか、ユーザ様のPC上でのデザインとほぼ同じデザインでDTP編集ソフトに変換できるため、印刷・製版事故を軽減することも可能です。

■ダウンロードはこちらから
SCREEN MultiStudio driver

弊社で使用しているバージョンは「MultiStudio Ver5.10」となります。最新のドライバで作成されたデータには対応していません。上記リンクのSCREENのサイトでご確認いただけます。