変革と創造。地域No1を目指して

logotype.png

ここでは、お客様がお作りになられたデータを、そのまま印刷・製版用のデータとして入稿される際などのテクニックを紹介しています。
特に、Office系ソフトで作成した書類をオフセット印刷したいというユーザ様には必読です。

Microsoft Office系の書類を印刷したい!
というお客様へ

特に注意をしていただきたい問題点


Office系のソフトにはCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)という印刷インキで色分け・着色するという概念が無く、RGBという色空間のみに対応しています。これは「光の三原色」と呼ばれるものに近く、印刷インキでこれらの色を全て表現するのは不可能です。
右記図はWordの色選択時に「その他」を選ぶと現れるカラー選択チャートです。上がRGB(モニタではこのように表示されています)、下がCMYK(印刷インキで表現可能な色)となります。

ご覧のように、モニタでは鮮やかに見えていた色も、印刷をすると濁ってしまいます。
これから紹介するPDFの作成は最終のPDFデータもRGB色領域で生成されるため、Office系の書類と同様にモニタでは鮮やかに見えるPDFも印刷時には若干濁ってしまうことを予めご了承ください。

■ただし…
コストはかかってしまいますが、生成頂いたPDF、またはOffice系のデータを弊社にてAdobe Illustratorのデータに変換し、CMYK色領域で着色し直すことで、濁りを若干修正することも可能です。また、アバナス(大日本SCREEN社)という専用色置換システムを用いて簡易的に適正なCMYKに置き換えるサービスも行っております。
担当営業におたずね下さい。

  • これらのサービスはデータ作成事故も起こりやすく特殊なため、確認の校正を必要とします。お急ぎの印刷依頼の場合は、注意が必要です。

■色空間に関する詳しい内容は フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

what-rgb.jpgRGBカラー
what-cmyk.jpgCMYKカラー


エクセルやパワーポイントなどでは、PDFに変換した際に「セル・テキストボックスに入力した文字が隠れてしまう」場合がございます。この問題点を解消するのは容易ではないため、PDFを生成した際に、しっかりとご確認ください。もし、隠れてしまうようであれば、元データ(エクセル・パワーポイント)にもどってセルの幅・高さを広げる、文字を小さくするなどの加工をし、再度、PDFを生成する必要があります。


細線(細い線)を使ったデータを貼り込んである場合に、その貼り込みデータを縮小すると、皆様がお手持ちのプリンタと印刷したものとでは線の表現が著しく変わる場合があります。
Office系アプリケーションでもPDFでも言えることですが、一般のOAプリンタでは、細すぎる線は、ある程度の太さに置き換えてプリント出力されます。印刷では、細線は細線としてシビアに製版されるため、例えば、0.01mmの線が使われたエクセル図表を50%縮小で張り込んだ場合、単純に0.005mmになります。
事故として起こりうるのは、お手持ちのプリンタでは、この0.005mmの線を限界線と判断し0.01mmに置き換えて出力していて、このプリンタ出力で確認後、いざ印刷を発注したら「プリンタで見ていたものより細く印刷されてしまった!」というケースです。
本ページ最終の「注意事項」でもありますが、細線の使用には注意が必要です。


Office系のデータをオフセット印刷しようとした際、お客様がそのデータを作成された環境と、弊社のプリプレス(製版前の加工工程)の環境を100%同じにしない限り、本当に適切なデータはできません。OSのバージョン、アプリケーションソフトのバージョン、書体のバージョンなど数々の問題点が上げられるからです。
それら問題をひとつひとつクリアーし、なるべくお客様に適正な製品をお届けできるよう、サービスの向上を図っております。
PDF入稿は、環境によって左右されてしまうOffice系データを、「環境によって左右されないよう固定する手段」です。印刷事故の原因・要素を減らし、適正な製品実現の方法のひとつとしてご理解ください。
▼以下より、印刷が可能なPDFの生成方法を紹介しますので、ご参考下さい。

■注意

Windows VistaモデルをXPにバージョンダウンしてお使いになっている環境で「〜」という文字を含む書類をPDFにした際、「〜」が「・」に置き換わってしまう事故がありました。このような環境下でPDFを作成された際には、十分文字校正を行うように心がけて下さい。

PrimoPDFで書き出す方法

Step01. PrimoPDFをインストールします。

PrimoPDF(プリモPDF)とは、米国のactivePDF社がフリーでダウンロード提供しているPDF変換ソフトです。
LinkIconPrimoPDFのダウンロードはこちら

Step02. PDFに書き出すデータを、制作したOfficeソフトで開き、「ファイル」メニューの中の「印刷」をクリックします。

Step03. 「プリンタ名」から「PrimoPDF」を選択し、OKをクリックします

Step04. 立ち上がったパネルの中から「印刷」を選び、保存先を指定してPDFの作成をします。

クセロPDFで書き出す方法

Step01. クセロPDFをインストールをします。

クセロPDFは株式会社クセロ様が無料で配布しているPDF変換ソフトウェアです
※「クセロPDF」は株式会社クセロの商標です。
LinkIconクセロPDFのダウンロードはこちら

■現在(2010.12)、メーカーサイトからのダウンロードは終了しているようです。
こちらからもダウンロードは可能です

Step02. PDFに書き出すデータを、制作したOfficeソフトで開き、「ファイル」メニューの中の「印刷」をクリックします。

Step03. 「プリンタ名」から「クセロPDF」を選択し、「プロパティ」をクリックします。

Step04. 「標準」タブの「解像度」を600dpiに設定します。

Step05. 「PDF設定」タブに移動し、PDF設定のジョブオプションを「画質優先」に設定しOKをクリックして、プロパティを閉じます。

(画質優先を選択すると、自動的にフォントが埋め込まれます)

Step06. 「OKをクリックし、PDFを書き出します。

瞬間PDFで書き出す方法法

Step01. 「瞬間PDF」をダウンロードし、インストールします。

瞬間PDFは株式会社クセロ様が配布している無料のPDF変換ソフトウェアです
※「瞬間PDF」は株式会社クセロの商標です。
LinkIcon瞬間PDFのダウンロードはこちら

Step02. 瞬間PDFのアイコンをクリックし瞬間PDFを起動します。

Step03. 「作成」タブの「ファイル選択」をクリックし、入稿データを「対象ファイル」リストに追加します。

Step04. 「設定」の中の「印刷設定」をクリックします。

Step05. 「標準」タブの中の「解像度」を600dpiに設定します。

Step06. 「PDF設定」タブの中のPDF設定のジョブオプションを「画質優先」に設定し、OKをクリックします。

Step06. 「実行」をクリックし、PDFを書き出します。

Adobe Acrobatで書き出す方法

Step01. Acrobatのインストール

Microsoft Wordでは、PDF Maker 5.0でPDFを作成するのが簡単です。アドビの製品版のAcrobatをインストールすると、Wordのメニューに組み込まれます。
AcrobatをインストールするとWinの場合はプリンターに「Acrobatr Distiller」(Ver5.05)または「Acrobatr PDF」(Ver6.0)が作成されます

Step02. Distillerアプリケーションの設定をしましょう

WordでPDFを作成するには、ボタン1つで作成できますが、オフセット印刷するファイルにするにはいくつかの設定が必要になってきます。
Acrobatr Distiller5.05には次のジョブオプションは標準で用意されています。
Press…商業印刷用途
CSJscreen…中日韓国語用インターネット用途
Print…高品位プリンター出力用途
Screen…インターネット・イントラネット用途
eBook…電子ブック用途
  1. Acrobat Distillerを開き、「Adobe PDF設定」のデフォルト設定を、「プレス品質」に設定します。
  2. 「設定」の中の、「Adobe PDF 設定の編集」を選択します。
  3. 「一般」の中の、「互換性のある形式」を「Acrobat5.0(PDF1.4)」、「解像度」を2400dpiまたは3600dpiにします。
  4. 「画像」の中の、「カラー画像」、「グレースケール画像」の各項目の中の、の「圧縮」を「ZIP」にします。
  5. 「フォント」の中の、「すべてのフォントを埋め込む」にチェックを入れ、「埋め込まなかったときの処理」を「警告した後続行する」に設定します。
  6. 「OK」をクリックし、Adobe PDF 設定の画面を閉じ、Acrobat Distillerを終了します。

Step03. Distillerドライバの設定をしましょう

引き続き、今度は「Acrobat Distiller」プリンタドライバの設定を行いましょう。

  1. Acrobat Distillerのプロパティを開いてください。
    1. 「全般」タブを選択して、「印刷設定」ボタンをクリックして、印刷設定画面の[レイアウト」タブで「詳細設定」ボタンをクリックしてください。
  2. 詳細オプションその1
    1. 「用紙サイズは」ドキュメント用紙サイズに合わせます。
    2. 「Truetypeフォント」は「ソフトフォントとしてダウンロード」を選択します 。
  3. 詳細オプションその2
    1. 「PostScript オプション」を展開します。
    2. 「PostScript 出力オプション」は「エラーが軽減するよう最適化」を選択します
    3. 「Ture Typeフォントダウンロードオプション」は「Native True Type」を標準とします。 但し、ドキュメント内にPDFの埋め込みを許可されていない書体が使用されている場合は、「アウトライン」を選択します。
    4. 「PostScriptエラーハンドラを送信」は「いいえ」を選択します。
    5. 「OK」をクリックして、Acrobat Distiller印刷設定画面に戻ります。
  4. 「Adobe PDF設定」タブで以下の設定を行います。
    1. 「ジョブオプション」は先ほど作成したジョブオプションを選択します
    2. 「Distillerへフォントを送信しない」のチェックを外します
    3. 「OK」をクリックして、Acrobat Distillerのプロパティ画面に戻ります
  5. 「デバイスの設定」タブを選択して以下の設定をします。
    1. 「アウトラインとしてダウンロードする下限フォントサイズ」を 1ピクセル とします
    2. 「ビットマップとしてダウンロードする上限フォントサイズ」を 1ピクセル とします
  6. 「フォント代替表」を展開します。
  7. フォントリストをスクロールして、「MSゴシック」および「MS明朝」を「置き換えない」に設定します 。

以上でAcrobat Distillerプリンタードライバーのプロパティ設定は完了です。

Step04. PDFを書き出しましょう

  1. PDFに書き出すデータを、制作したOfficeソフトで開き、メニューの中の「印刷」をクリックします。
  2. 「プリンタ名」から「Adobe PDF」を選択し、OKをクリックし、PDFを書き出します。

Step05. PDFを確認してみましょう

PDFファイルのチェックとして重要なポイントはフォントと画像です。

フォントのチェック
  • すべてフォントが含まれているか
画像のチェック
  • 元々低い画像を使っていないか(印刷に適している画像は300dpi以上です)
  • 「フォントのチェック」はAcrobatの[ファイル]→[文書のプロパティ]→[フォント]を選択すると[フォント情報ダイアログ]が表示されます。

注意事項
Word、Excel、PowerPointなどから作られたPDFはカラー設定がRGBになります。
印刷すると多少、画面と見た目の色が変わります(特に蛍光色)。予めご了承ください。
「いきなりPDF」でPDF変換した場合、パターンやグラデーションの変換に不具合が生じることがありますので、お気をつけください。
※Word、Excel、PowerPointなどオフィスソフトでの塗りの透過性は使用しないでください。PDF変換後、モニター上では確認できますが、刷版には出力されませので、印刷できません。
※当社では、このカラー設定がRGBになっているPDFを、特殊ソフトにてCMYKに変換を行っています。


1.色変換について
Microsoft Officeはオフセット方式等のインクを使用した印刷向けには開発されておりません。したがって、印刷できるようにするため変換が必要になります。
Microsoft Office系のソフトのカラー設定は基本的にRGBで作成されるようにできており、印刷で使用するCMYKカラーの色域は、モニタ上(RGB)の色域より狭いため、データ変換時、インキで表現できる色の中で最も近いものに置き換えてしまいます。RGB特有の蛍光色のような色は場合によってかなりくすむこともありますので、あらかじめご了承下さい。

2.用紙サイズについて
ページ設定で大きさを指定しますが、A4を選んでもA4規格サイズにはならないものもあります。必ず「幅」「高さ」で規格サイズを入力してから作業に取りかかって下さい。

3.レイアウトについて
Office系ソフトのデータの場合、プリンタによって改行がずれたり、文字が消えたりします。
今の所、対処法がございませんので、必ず出力サンプルを送付して下さい。(見やすければFAXでも可)
また、塗り足しの設定ができませんので、背景に画像や塗りがある場合、拡大での対応となりますので、文字は5mm程度内側に配置して下さい。

4.PDF変換について
Office系ソフトからPDFを作成する場合、カラーモードはRGBとなります。RGBのPDFは当社にてCMYKに変換させていただきますので、若干色味が変わる事もご了承下さい。

5.色指定について
Office系ソフトで色を指定する場合、自動ではなく、色を選択して指定して下さい。
また、影を付ける場合「影付きスタイル」や「透過性」「半透明」を指示する事は絶対にしないで下さい。CTP出力の場合、表現ができません。(インクジェットプリンターやカラーレーザーの場合、そのプリンターが出力可能な大きさに置き換えてしまいますので、印刷されてしまいます)
影や薄い色は、あくまでも薄い色を指定して下さい。

6.線について
極細線は使用しないで下さい。
CTP出力の場合、0.01mm以下となり、表現ができません。
(インクジェットプリンターやカラーレーザーの場合、そのプリンターが出力可能な太さの線に置き換えてしまいますので、印刷されてしまいます)

7.背面の塗りについて
Office系ソフトで背面に色を付ける場合、「オートシェイプ」の「四角形」や「楕円」などで色を指定し、「レイアウト」で背面に持っていって付けてください。
「書式」の「背景」では色を指定しないで下さい。印刷時に色が出てきません。