title-itoh.png

shadow_gry_Right.pngshadow_gry_Right.png

「印刷物に関する知識は、他社営業と比べて豊富ではないでしょうか。「印刷」と一言でいっても紙、
ラベル、看板やのぼりといったように印刷する材質がそれぞれ異なるため、幅広い商品知識が必要になります。合同印刷は『なんでも屋』な側面があるから尚更ですね。様々なニーズに対応することで自然と知識が身につきます」
 担当させていただくお客様のニーズこそ営業マンを成長させ、絶好の知識を肥やす機会だと伊藤は考える。
「このような製品をお納めしたこともあります。お客様からのご要望で、ポストカードに『フロッキー印刷』を施しました。表面をフェルトのような質感に加工する印刷方法です。チラシ・DM・ポストカードって、見た目の第一印象が重要ですよね」「手に取ってみたときにインパクトのあるデザインや、質感のある紙質だと興味を引くのと同時に『捨てられない印刷物』となります。フロッキー印刷のような、特殊な印刷を施したものは特に効果的ですよね」
 しかし、自分一人ではわからないこともある。そんな時には、上司や先輩、他部門がバックアップをしている。

「他の営業が得た情報は当然共有しますし、上司にも気兼ねなく相談できる社風なので、未経験のニーズにも全社でお応えできます。一緒に仕事をしている先輩達の知識は、どんどん自分自身に吸収するようにしています。話し方や、お客様から相談を受けた時の対応方法など、参考にしたい事、経験がたくさんあります」

オーダーメイドを
扱うという
面白みの詰まったシゴト

印刷物はレディメイドではなくオーダーメイドが殆どだ。既製品にはない使い勝手の良い製品を作り、お届けするという特殊性に営業マン達はやり甲斐を感じている。
「印刷業が既製品ではなく、特注品を多く取り扱う理由は、特注品であれ意外と手軽に、使用する用途に合わせたオリジナルが作れてしまうからでしょう。例えば製造業のお客様で「製造指示書」の帳票を作成する時、製造する商品って全く違いますよね。その為、製造する内容や工程に合わせて帳票の項目を制作します。そうすると自然にオーダーメイド(特注品)の製品となってしまうのですが、基本的に、印刷機、紙とインキがあれば作れてしまう訳です。受注の大半がオーダーメイドです。頭は使いますが、既製のものづくりじゃない分、楽しいですよね。
 お客様の意思が反映した製品ができれば、作業効率もあがり、結果的にお客様の利益向上に貢献できると考えていますし、我々のやり甲斐にもつながっています。ですから、是非要望をいろいろ伝えていただければと考えています」

常に新しいことに
目を向ける我々に
とりあえず
相談してみませんか?

 お客様の効率化を実現するワンストップサービスを目指す伊藤の想いとは。
「やはり「何でも出来る」というスタンスなので、印刷に限らず困ったことがあれば、「合同印刷の営業マンに相談してみよう」と思ってもらえたらうれしいですね。
 合同印刷は、常に新しい事にチャレンジし続けている印刷会社だと思います。以前も紹介しましたが、カレイドインキを使用した印刷の取り組みも、そのひとつです。新しい技術の取得がスタッフ全体の自信へとつながり、さらにはお客様へのサービス向上へとつながればと考えています」

 ニーズに対し、スムーズなお応えができるよう日々の情報収集、事前準備をコツコツとこなす伊藤。地道な事の積み重ねを大切にし、中堅として合同印刷をリードする。
 休日は、2人の子供を連れ田原図書館で過ごすこともしばしば。沢山の絵本に囲まれ「やっぱりファンシー系の用紙だと印刷の色が沈んでしまうな…」など、無意識のうちに印刷製品としてとらえてしまうなど、常に「良い印刷物」を探してしまう。
 オーダーメイド故に、使い勝手が良くて当然というハードル。そのハードルを越えさらなる高評価を頂く。そのような経験の数々が伊藤の原動力につながっている。

皆様から見た合同印刷の印象とはどんなものだろうか?
会社の顔(印象)である営業マン。今回は弊社営業マン伊藤が、何を想い製品をお届けするのか。そして、彼の考える「合同印刷の強み」を尋ねてみた。

合同印刷株式会社は
「印刷物以外もお任せ下さい!」
の何でも屋

 伊藤自身の経験から感じる合同印刷の強みとはどのようなところだろうか。
「会社名に「印刷」の名前があるので、当然印刷業務がメインですが、「印刷」と一言でいっても沢山あります。私どもは、その殆どのニーズにお応えします。勿論、専門業者とのお取引が既にある場合、価格の面ではご希望に添えない場合もあります。しかし、発送サービス・製品管理・デザインなどの付随するサービスをトータルでご提案することが我々には可能です。
 DMや会報誌などの出来あがった商品を、お客様がどのように配布あるいは発送するかによって、発送コストを抑えるご提案をすることもあります。印刷から発送業務まで請け負うことで、今までお客様が行っていた作業負担を軽減することにもつながりご評価いただいたケースもありました」
 トータルでサービスをご提案することでお客様にとっての本当のメリットをお届けしたいと願う合同印刷営業マン。最善のサービスを提供するために、私たちは「ここが違う!」と伊藤は話す。